QLOOKアクセス解析

Chinaproject Blog

チャイナプロジェクト(株)のスタッフブログです。当社は中国ビジネスに進出する日本企業様、個人さま向けに、中国ビジネスのプロフェッショナルサービスを提供する企業や専門家の情報を提供する会社です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国のモバイルインターネット 世界平均上回る成長率(2012年)

チャイナプロジェクトの樋笠です。日本でも急速な普及が進むスマートフォン。中国での市場成長率は世界平均を大きく上回っているというニュースです。格安のスマートフォン機器の存在だけではなく、「90後」の行動様式も一因になっているという分析です。以下、人民網記事より。
 
中国のモバイルインターネット 世界平均上回る成長率
 
 モバイルインターネット研究連盟(AMIR)は北京でこのほど初の年度研究報告書を発表した。それによると、中国におけるスマートフォンの市場成長率は世界平均を大きく上回った。中国独特の都市化プロセスおよび中国社会の高い人口流動性が、モバイルインターネットの高度成長を促す社会的基盤となっている。この高い流動性は今後もしばらくの間続き、モバイルインターネットの持続的な発展を推進する原動力となると見られる。中国新聞網が伝えた。
 
 モバイルシステム調査機関の友盟が発表したデータによると、AndroidとiOSの今年の世界平均市場成長率はそれぞれ33%、12%だったが、中国ではこの割合が159%、87%だった。アプリ市場を見ると、今年第2四半期の中国市場における成長率は870%と、世界平均を大幅に上回った。
 
 友盟の蒋凡CEOはこれについて、「表面的な理由としては、1千元代の格安スマートフォン普及により、モバイルインターネットの敷居が下がったということが挙げられるが、深い理由としては中国の持つ社会的基盤が挙げられる」と指摘する。
 
http://www.cww.net.cn/zhuanti/html/2011/10/31/201110311417434578.htm
 
報告書によると、調査の結果、「80後(80年代生まれ)」、「90後」のAndroid携帯ユーザーのうち、60%以上が自分の故郷に住んでいないと答え、「70後」、「60後」、「50後」を大きく上回った。この数字から重要な社会的背景が見えてくる。すなわち、中国の「80後」、「90後」はモバイルインターネットの主要ユーザーであるだけでなく、ここ10年間にわたり、世界でもめずらしい都市化のプロセスを体験してきた世代なのだ。
 
 蒋CEOは「過去10年で、2億人の中国人が農村から都市へと移り住んだ。大部分は青年・若者だ。このほか、戸籍に登録されていない都市人口や半都市化した人口もいる。中国独特の都市化プロセスにより人口の流動性が高まり、定期的な都市・農村間の流動、都市拡張による通勤時間の増加、ますます頻繁になる旅行と出張などにより、モバイルインターネットの成長を後押しする確固とした社会ニーズが形成された。これが中国と欧米諸国で異なる点であり、中国のモバイルインターネットの成長が世界平均を上回った根本的な理由とも言える」と指摘した。(編集SN)
 
 「人民網日本語版」2012年11月26日
http://j.people.com.cn/94476/8034641.html
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinaproject.blog.fc2.com/tb.php/19-1b99d1d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。